東北の可能性を世界にガイドする

Our Vision

東北の可能性を世界にガイドする

震災を経験し前に進む東北で、いま起きていること、経験していることは世界最先端の地域づくり。
その東北初や東北発の可能性を個人視点を大切に世界にガイドしていきます。

東北案内所

About

「東北には i(アイ)がある」をテーマに
I(私)ではじまる東北の informationを、
(アイ)をもってガイドする案内所

この案内所を通し、i(アイ)をつなげ、仙台から東北を日本へ、そして世界へ伝えるハブ機能を担います。 それぞれのi(アイ)を持ち、言語のみならず、2つの地域を語れたり、つないだり、行き来する「ダブル・ホームプレイス」(2つの故郷)発想をもった東北バイリンガルを増やします。 住んでいても、いなくても、日本人でも外国人でも、2つの地域を語ったり、行き来したり、関わったり、そんな東北の未来をつなぐネットワークが生まれることを目標としてます。

世界中から東北のケーススタディー(可能性)を学びにくる東北

ソーシャル・イノベーション東北

東北で今起きていることは、きっと世界のいろいろな地域で役に立つ!
その想いと勢いで世界へガイドしていきます。

Challenge

東北案内所のチャレンジ!
「東北のインバウンド」を活性化させます!

1仙台をHub Cityと位置づけ
東北をコーディネイト

東北のハブ「仙台」でもっと東北を知ってもらうこと、さらには仙台から東北各地をつなぐコーディネートをします。 仙台市内でギャラリー展開や仙台在住の外国人市民ネットワークを活かし国内外へ情報発信。

2伝わる東北に向けた
インバウンド専門家サポート

インバウンドを展開したい地域、企業へ、各種専門家チームを派遣。その地域の特性を活かしたインバウンド展開をサポートします。 外国人視点のツーリズムプロデュースやおもてなし研修、インバウンドツール作成などトータルプロモーションでサポート。

3外国人住民も参加できる
バイリンガルな観光づくり

日本人のみならず、東北に住む外国人も東北人。 ともに地域について語り、行動する地域構成員としての多文化共生による観光まちづくり。彼らの出番と居場所を増やします。